これはなんでしょう?

IMG_1580

これ、何に見えますか?
奥のお皿に入っているものが炒めたもので、手前が茹でただけのものです。
形は楕円がほとんどで、たまに手前のように可愛らしい形のものも。
これ、実は「山芋のむかご」なんです。
なので、お味はもちろんお芋。
茹でただけのものの方がお芋らしい素朴な味でした。

見た目はいまいちですが、皮もむかずそのまま食べられて栄養価も山芋と同じ。
使いようによっては可愛らしい副菜となりそうな…

皆さんはどんな食べ方がいいと思われますか。
 

Print Friendly

オリーブパスタにトマトソース

わが社の社長がパスタを作ってくれました。

トマトソースのオリーブパスタ

トマトソースは完熟して食べごろを過ぎてしまったミニトマトを使い、これもまた社長手作り。
塩コショウとエクストラバージンオリーブオイルで絶品パスタの完成です!

このパスタ、実はオリーブの葉が入っている緑色のパスタなんです。
普通のものより細めで、もっちりした歯ごたえ。
この細めのパスタにトマトソースがからんで、絶妙なるコンビネーションになりました。
パスタだけでなく、お肉、魚、お野菜を煮込んだりかけたりしても美味しいトマトソース、これからトマトが出回る季節ですから、作りおきもいいですね。
お庭や畑でたくさん採れたトマトの保存にも。
ソースを作るときにももちろんですが、完成したお料理の仕上げにオリーブオイルをかけて、ぜひフレッシュな風味も味わってみてください。
さらに素材の美味しさを引き立てますよ。

Print Friendly

コリンキーってご存知ですか?

この黄色くて丸いもの、ご覧になったことあるでしょうか。
あまり見かけないこれ、野菜です。
名前は「コリンキー」、かぼちゃなんです。

皮ごと、そして生で食べられるかぼちゃです。
色がとっても鮮やかな黄色できれいですね。
このコリンキーをスライスして、塩とエキストラバージンオリーブオイルをかけてみました。
そのまま食べるとちょっと青臭いですが、オリーブオイルをかけてみたら青臭さが消えてとても食べやすくなりました。
味は普通のかぼちゃとは全く違ってきゅうりのような食感と味。
塩で揉んで食べたり、炒めてもおしいしいそうです。
スーパーなどで見かけたらまずはスライスして塩とオリーブオイルで食べてみて下さい。

Print Friendly

野菜にも魚介類にもGOOD!

【れんこんやイカにも相性抜群】

なんにでも合うカリフォルニア産エキストラバージンオリーブオイル、今回はれんこんとイカにかけてみました。

れんこんは皮を剥いてスライスして、少しの塩で茹でただけ。
イカはそのまま茹でただけ。
このイカはヤリイカの子どもで、10センチほどのとても柔らかくて新鮮な美味しいイカでした。
それぞれオリーブオイルとポン酢、または醤油で味付け。
素材の持ち味を生かしつつ食べたい時にはまさにぴったりな調理法です。
フレッシュなエキストラバージンオリーブオイルだからこそ出来ること!
お試しください♪
 

⇛ カリフォルニア産オリーブオイルについてはこちら

 

Print Friendly

にんじんの温サラダ

【にんじんの温サラダ】

材料はにんじんだけ!あとはカリフォルニア産エクストラバージンオリーブオイルとポン酢のみ。
にんじんの温サラダ
簡単すぎてレシピを書くまでもないサラダですが…
にんじんをピーラーで薄くスライスしてサッと茹で、オリーブオイルとポン酢。
それだけ、たったそれだけです!
ところが、これが美味しいんです。
にんじん1本あっという間になくなりますよ。
にんじん苦手な方でも食べやすく、たくさん採れること間違いなし!
もう1品欲しい時や急なお客様にもとりあえずサッと作ってお出し出来る、にんじんの温サラダです。

 

⇛ カリフォルニア産オリーブオイルについてはこちら

 

Print Friendly

旬の食材、四方竹のオリーブオイル炒め

【四方竹のオリーブオイル炒め】

とても歯ざわりのいい四方竹をオリーブオイルで炒めてみました。

四方竹は切ったときに切り口が四角になる、この時期にだけ採れる旬の食材です。
写真で分かりますか?
ちょっと四角いでしょう?
斜めに切って、オリーブオイル、塩、コショウで炒めて醤油で味付け。
下処理で水煮してあるものを使ったので、これだけで歯ざわりのいい四方竹炒めの出来上がりです!
おつまみにもおかずにもなる一品です。

 

⇛ カリフォルニア産オリーブオイルについてはこちら

 

Print Friendly

セロリの簡単シャキシャキ炒め

【セロリの簡単シャキシャキ炒め】

セロリは皮を剥いてサラダにするのが一般的ですが、オリーブオイルで炒めると歯ざわりがよくてオススメなんです!

セロリ炒めセロリの固い部分は皮を剥いて適当な大きさに斜め切りにし、オリーブオイルで炒めて、ポン酢と粗挽きコショウで味付け。
それだけです!
あの独特な香りが苦手という方も、オリーブオイルと炒めることにより抑えられ、食べやすくなりますよ。
セロリの旬は冬場から春先にかけてですが、温室栽培で1年中販売されています。
食欲増進、精神安定、整腸効果もあるので、すすんで摂りたい食材ですね。

 

⇛ カリフォルニア産オリーブオイルについてはこちら

 

Print Friendly

手作りジェノベーゼ

ハーブ畑にバジルが元気に育ったので、たっぷり摘んでジェノベーゼを作ってみませんか? 

新鮮なバジルの香りは手作りでしか味わえない最高の贅沢です。 フレッシュなバジルにベストマッチするのが、爽やかで軽いカリフォルニア産エクストラバージンオリーブオイル「アルヴェキーナ」。 どちらも新鮮でとても香りが良いので、素材をいかしたシンプルな食べ方がオススメです。

鮮やかなグリーンが目に美味しく、来年もバジルを育てようと、早くも思ってしまうほど美味しいです。

そんなジェノベーゼの作り方はとっても簡単。 お好みで粉チーズを入れてもコクが出ます。

【材料】 バジルの葉(50枚) EVオリーブオイル(大さじ3) にんにく(1かけ) 塩(小さじ1) 松の実(20粒) (トッピングに松の実やバジルを飾っても)

【作り方】 材料をミキサー、またはすり鉢でお好みの細かさにするだけ。 できたてを茹でたてパスタに和えればパスタ ジェノベーゼの完成です。

材料の分量はだいたいです。 カリフォルニア産エクストラバージンオリーブオイルを倍量にしても和えやすく、じゃがいもを和えたりと重宝しています。<保存: ペースト状のままだと変色してしまうので、すぐに小分けにして冷凍すると良いでしょう>

 

⇒カリフォルニア産エクストラバージンオリーブオイルはこちら

⇒その他レシピはこちら

 

 

Print Friendly

大麦サラダ

カリフォルニア産エクストラバージンオリーブオイルを使ったら、これまで作っていた大麦サラダがより美味しくなったと喜びの声をお寄せいただきました。

大麦の他にセロリやルッコラ、人参、パプリカなどの野菜、それから生ハムやサラミも入って、これ1品でこれからの蒸し暑いシーズンも乗り切れそうなレシピですね。 美味しそうです!

 

⇒ カリフォルニア産エクストラバージン・オリーブオイルはこちら

⇒ カリフォルニア産エクストラバージン・オリーブオイルを使ったレシピはこちら

Print Friendly

【季節の「ふき」でシャキシャキきんぴら】

ギャラリー

このギャラリーには1枚の写真が含まれています。

【ふきとスナップえんどうのシャキシャキきんぴら】 「ふき」はこの時期限定の季節の香り。 シャキシャキ感を残してその香りとともに初夏を味わえるきんぴらです。 【作り方】 ・スナップエンドウはサッと塩ゆでしておく ・長いまま … 続きを読む

Print Friendly